う○ちゲームの極み!『Poopdie』

Poopdie

登場するキャラクターは汚らしいシモ要素満載のものばかり。

戦う「う○ち」や「お○ら」を駆使して敵のサムロンを倒す冒険に出かけよう!

「Poopdie」は、悪の敵「サムロン」を倒すために冒険に出かけるファンタジーアクションRPG。

なんと攻撃に使うのは戦う「う〇ち」。主人公は「う○ち」を放出して敵と戦わせるぞ。

その他にも様々な効果がある「お○ら」のスキルや、「ケツ」をモチーフにしたキャラクターなど、ゲーム内のありとあらゆるものが下品なもので埋め尽くされている。

主人公の名前は「ウンディ」。これまた狙って付けたような名前だ。

キャラクターやゲーム全体のデザインはとってもファンシーだが、描かれているものはきったねえものばかりだ。

 

下品すぎるがやると何故か面白くてハマってしまう、作者の趣味の悪さとセンスの良さを同時に感じることが出来る作品だ。

キャラクターを育て上げたり、謎を解いてダンジョンをクリアしたりと、内容においては非常に良く出来ており、ハマったら抜け出せない唯一無二の作品になっているのではないだろうか。

 

始めに断っておくが、これから本記事では「下品極まりない言葉」を連呼する。お読みになる方に不快な思いさせたら申し訳ない、と先に謝っておこう。

主人公「ウンディ」になって「う〇ち」を放り出しまくれ!

Poopdie

敵をタップして攻撃指示を出すんだ。ウンディを傷つけないようにするんだ。

主人公のウンディはタップしたところへ移動することは出来るが、基本的には攻撃能力を持たない。

攻撃は「う○ち」によって行う。「う○ち」は人参を3本食べると出すことが出来るぞ。

「う○ち」に指示をだすのも「ウンディ」の役目だ。敵をタップすると「う○ち」が向かい自動で攻撃してくれる。

ダンジョンでは、様々なキャラクターがいて「ウンディ」に依頼をしてくる。また、ドアを開閉するスイッチなどのギミックがあるので、う○ちを出してガンガン謎を解こう!

キャラを強化して最強の「う〇ち」を作ろう!

Poopdie

スキルツリーも、見事に汚らしいという徹底ぶり。

メダルやクリスタルを獲得してキャラを強化していこう!

キャラ強化は他のゲームと比較しても負けないくらいに充実していて、たくさんやり込めばやり込むほど最強の「う○ち」になるぞ!

系統ごとにスキルが別れており、スキルツリーを完成させてキャラの能力アップや出撃回数アップ、それから「ウンディ」自身を育て上げよう。

ウンディ自身は攻撃に参加できないが、敵を凍らせるオナラスキルや出撃させる「う○ち」の体力を回復させるオナラスキルを身に付け、「う○ち」をサポートできる。

ゲーム自体のクオリティも高くクソすぎる世界にのめり込める!

Poopdie

隅から隅まで下品で埋め尽くされている。

今ちびっこの学習教材として大人気の「う○こドリル」というものがあるが、このゲームはそれ以上に「う○ち」にまみれているぞ!

しかし、本アプリはちびっこには悪い影響を与える可能性もあるので注意が必要だ。一度ハマったら「う○ち」から抜け出せないからね。

それから、敵のキャラクターが「ケツ」のようなデザインだったり、オブジェクトも「ケツ」に何かが突き刺さっているようにも見える。

全く、どこまで下品なんだ。

 

この下品な世界観への徹底ぶりはもはや「あっぱれ」と言わざるを得ない。

まさに「ケツ」にこだわり抜いた「ケッ作」となっている。

パワーアップとダンジョン攻略が同時に進む!

Poopdie

パワーアップと攻略が同時並行で進んでいくぞ。

ここまで下品な世界観へのこだわりばかりを評価してきたが、本作の良いところはまだある。

ゲーム性もかなりのこだわりようだ。

キャラを育て上げ、スキルを獲得していくと優位にダンジョンを進められるようになっている。

つまり、育てることに非常に意味がある。

ダンジョンは謎だらけで上手くヒントがつかめないこともあるが、キャラを強化しているとすんなり解決するかもしれないぞ!

こだわりが細部にまで詰まっていて、作者はかなりのやり手だと思う。

言葉選びのセンスが絶妙!

Poopdie

絶妙なワード選び!ここもコダワリだ。

本作品、自動翻訳に頼らず手間がかかっているように感じる。

なぜなら妙にセンスの良さを感じてしまうからだ。

キャラのネーミングやセリフも試行錯誤して作ったのだろう。風変わりな言葉のチョイスが面白い。

ゲームの流れ

Poopdie

ヤバいオナラのせいで仲間から追い出されるウンディ。

彼は「う〇ちの神?」によって、「う〇ち」を操れるようになる。

Poopdie

そうして能力を持った「ウンディ」は「う〇ち」に指示をだして、敵や障害物を突破していく。

Poopdie

様々なスキルを獲得しゲームを優位に進めよう。

Poopdie

マップは町を中心としていろんな場所につながっているぞ。

ダンジョンの探索を進めて、進出可能エリアを増やすんだ。

Poopdie

そうして「ウンディ」は悪の敵「サムロン」を倒すため、冒険の旅をしていく。

ゲーム攻略のコツ

Poopdie

ウンディを敵に近づけないように戦うんだ。

ウンディ自身は戦闘能力を持たないため、敵に近づけてはいけない。そのため、常にマップ上の敵の位置は把握しておこう。

オナラスキルや、「う○ち」を出撃させることでウンディを守りながら戦うんだ。

町にある施設は上手に使え!

Poopdie

ここではHPが回復出来るぞ。

町には役立つ施設がたくさんあるので活用していこう。

街へはコイン5枚を使って瞬間移動することが出来る。RPGではよくあるやつだ。

町の中央には噴水がある。ここではHP回復が出来るので覚えておこう。

まとめ

下品な言葉を鬼のように連呼してしまい本当に申し訳ない。

しかし、このゲームがどんなゲームなのか理解していただけたのでは無いだろうか。

作者のこだわりが随所にみられて、丹念に作り上げられた作品になっていると思う。是非、「う○ち」まみれの世界に飛び込んでみてほしい。

 

以上、お読み頂きありがとうございました。

おすすめの記事